Skip to content

獣医学部は理事長からの発案型だ」などの議論があった。

 「総理のご意向」をめぐる文書疑惑に揺れる、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画。多くの謎を残したまま国会は閉じたが、学園内にも「経営は成り立つのか」「トップダウンだ」と不安や批判の声が上がる。

この問題で、この学校を初めて知った。今後、生徒は減るだろうな。「孝太郎氏の代からトップダウンが多くなった」そして安倍晋三になってから、トップダウンが多くなった。この理事長もだんまりですね。
白紙に戻ると良い。マイナー大学のくせに、千葉県銚子市から愛媛県今治市まで手を広げる理由は何か? 過疎に悩む地方都市の誘致を食い物にしているだけじゃないか。こういう手合いこそ“税金泥棒”というものだ。
大学の教職員からしたら、理事長いらんコトしてくれてって感じなんだろうな。獣医学部の経営がコケたら、自分たちの給料に跳ね返ってくるワケだし。ちんちくりんのネトウヨでも名前を書けば合格するそんなチープな印象を持つ大学ですね、今治は、こんなのよく誘致しましたね、またこんなの誘致して地域を活性化させるとか笑止千万ですね
BUZZUPが報じていたのを見た人も結構居ると思うが、加計学園系列大学である千葉科学大薬学部の惨憺たる状況はちと無視出来ない話ではないかと思う。今問題になっている獣医学部の件も、低偏差値大に医薬系学部を作るリスクと無駄という観点からすればまったく同じ話なのであって、連中が必死に主張している経済効果も優秀な人材を増やす効果も基本的には怪しいと見るほか無い。しかしこんな低偏差値のクズ学校に補助金440億てのは流石にやり過ぎたな。

Published in国内

Comments are closed.