Skip to content

 これを受けてR・マドリーは翌日に、「我々の選手であるC・ロナウドを信頼している。

 渦中のスーパースターの心は限界を迎えてしまったのかもしれない。現地時間6月16日、ポルトガル代表FWのクリスチアーノ・ロナウドが、所属するレアル・マドリー退団を決意したという。ポルトガル紙『ア・ボーラ』が伝えた。

ロナウド退団、メッシ退団、ルーニー退団、ネイマール退団…またか…ちょっと今マンチェスターに戻ったらどうなるか見たいけど、まだだよね。もし移籍するとしても中国だけには行かないで欲しい…
確かにもうすることないよね。ユナイテッドもいいけど、リスボンに戻ったら面白いのになあ。なんというか、バルサの場合顕著でしたが、外国籍選手ばかりが脱税容疑をかけられるのは、なにか恣意的な物があるのか、それとも単に税制への理解度の差なんでしょうか?
スペインはギリシャ並みの財政危機だから、必死なわけよ。でもロナウドは、この時期になると必ずといっていい程移籍の話題が出るけど、結局のところ残ってるんだよねー。世界一の男が世界一のチームから離れるとは思えないチームがロナウドを信頼してる限り移籍はないと思う
もう彼はお金というより愛してもらえるところに行きたいんだよね。まだバリバリ働けるから移るとしてもCL常連のところにして欲しい。一番はユーロで母国を優勝させたようにに母国のクラブでCLを導いて欲しい。移籍は実現の可能性低いが、国と街は嫌いになるよね。引退まで居る→引退はスポルティングとかに考えが変わってもおかしくは無い。まぁ流石にSリスボンは無いだろうが・・・。

Published in雑誌総合

Comments are closed.