Skip to content

 教諭は取り消し後も校長に報告せず、無免許の状態で通勤や出張の際に車を運転。

 埼玉県教育委員会は8日、運転免許の取り消し処分を受けたにもかかわらず無免許運転を続け、道交法違反容疑で久喜署に逮捕された吉川市立美南小学校の教諭(24)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。 県教育局小中学校人事課によると、教諭は2016年4月23日夜、東京都目黒区の首都高速で車を運転し、制限速度を75キロ超える時速135キロで走行。

公務員の採用試験には精神鑑定も取り入れた方がいいです。KUZUばっかり。時々、こういう奴が捕まるが、潜在的にはもっといるんだろうな…。無免許で運転出来る精神が分からない…!
もはや崇高な職業ではなくなりました。もちろん、プライドを持って仕事をなさっている先生方が多数でしょうが、今時、教師になるのはデモシカか、物好きの人間なのですから、こういう類が紛れていても驚きません。違反常習者だったんですね。教師だからと言うわけではなく、違反ばかり繰り返すのは遵法意識が少ないという現れだから、そういう人は自己中で自分勝手で排他的でわがままだと言えますよね。
誰か犠牲になる前に逮捕されて良かった!公務員の不祥事は一向に減りませんな。何か犠牲になる前に捕まって良かったバレなきゃ良いわけ?イジメに対しても 同じ事思ってそう。
教師は、医師や政治家と同じ「先生」と呼ばれる「尊敬される職業」。教師だけ「実名報道されない」のはおかしい。バレちゃったね笑当初取消のタイミングで素直に報告すべきだったね。何方にしても自業自得他ならないね。

Published in地域

Comments are closed.