Skip to content

 子どもが生まれたら犬を飼いなさい――。

 子どもが生まれたら犬を飼いなさい――。英国の格言として、出典不明のまま広まっているこんな言葉があります。幼い頃から犬とかかわることで思いやりの心や命に対する敬意を育む「動物介在教育」を、家庭で実践する大切さをうたったものとされています。

ちゃんと犬の事を考えて飼える親なら子供にも良い影響があると思う。犬の面倒はあくまでも大人主導で。でないと犬が可哀想なこともある。ちゃんと飼えれば可愛がってくれる家族が沢山いるのは犬にも幸せ。
殺処分される予定の動物達を優先的に情操教育の場へ回していただきたい。自分は小さい頃、祖母宅にいたシェルティのしっぽを踏みまくりだったらしい。ごめんね…乳幼児期に一時的に老犬と暮らしてたけど、記憶はしっかり残ってる。遊んでもらったってよく覚えているんだろうな。
うちは文鳥だけど、生き物の大切さは伝わると信じてる!このような教育は非常に大切ですね。理想は、学校に求めたいところですが、色々とバランスが難しい時代になってますから…
犬は最も人間のパートナーとして品種改良された生き物優しく世話好きな犬種を選ぶと優秀な兄貴分になりますね!最近の若い子に欠如しがちな、社交性や社会性、他人とのコミュニケーション、仲間や他人に対しての配慮と言った勉強では学べない人間性を育てるには非常に効果的かと思います!犬種を選ぶかもな。ダックスとかドーベルマンとかだといろいろリスクありそうだ。

Published inライフ

Comments are closed.