Skip to content

そのため、価格帯もミニバンに寄せていく」(マツダ 代表取締役社長の小飼雅道氏)。

 マツダは2017年4月28日、クロスオーバーSUVの新型車「CX-8」を2017年中に国内で発売すると発表した。国内向けの新世代商品群としては初めての3列シートを採用、マツダの国内向けSUVラインアップの最上位モデルと位置付ける。

SUVが流行ってるとはいえ、マツダほどSUVに偏ってるメーカーも世界的に珍しいかとマツダの都合なのに、ミニバンが必要な顧客に同じ3列シートですよと誘導して販売するのって何かおかしいと思う。
ディーゼルのミニバン 出して欲しかったけどね!タイムズカーシェアリングは、プレマシーを採用しているケースが多いけど、今後は何になるんだろ。スライドのほうが需要あるんじゃないかなMPVは良かったよ。
ビアンテ乗ってたけど、正直国内ディーラーの要望を受けてしかたなく、やっつけでつくった感アリアリだったからな。SUV屋マツダがお約束デザインを取り入れた、独自路線でミニバンを作れば、アンチミニバンな自分も欲しくなれる期待を持ってただけに残念。
プレマシーからCX-8は厳しいでしょう。ってことは、ラフェもおしまいか…。ビアンテ…もっと普通な1BOXで名前もボンゴのままにしとけば良かったのに。
日本特有の住宅事情、車庫事情でスライドドアの方が省スペースで扱いやすい。その点はトヨタの方が日本市場向けの5ナンバーサイズミニバンに力を入れている。CX-8は日本の住宅事情に合わないのが難点。

Published in経済

Comments are closed.