Skip to content

と入院の理由を説明した。

 乳がんで闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)は2017年4月22日夕、自身のブログで「入院をすることにしました」と報告した。 麻央さんは、17年1月29日に退院し、自宅から通院する形で治療を続けていた。

ゆっくり眠れそうて、書いてしまうところが、もう。。。
思ったより元気そうだし、病院にいたら安心だから眠れそうってことじゃないの?なんでもかんでも揚げ足取らないでほしいね。病気の家族を持つ人にしかわからん気持ちもあるだろーし。わざわざ「短期間」の入院と強調しているところにご本人の願いが見えてやるせない気持ちになります。短期でも長期でも、症状が安定して、笑顔で退院出来るといいですね。
しこりが小さくなって、痛みが和らぎますように。入院したことイコール安堵ではない…
yahooの悪意がうかがえる。海老蔵が「ゆっくり眠れそう」とコメントしているのは看病に疲れて言っているのでは無く、安堵の気持ちをコメントしている。yahooもダメダメやね・・・その方が実母さんや麻耶も助かるね。お母さんも癌患者なんだし、ゆっくり出来るだろうしね。
ターミナル期。積極的治療はおそらくしていないと思います。痛みに対してはレスキューという言葉が出ているように随分前から麻薬による疼痛コントロールをされていると思います。写真には出ていないかもしれませんが呼吸苦に対して酸素療法もされているのではないかと…。今の段階は症状を緩和するための治療のみだと思います。よく末期なのに元気にしてると言われていますが癌の末期の方は亡くなる1週間前、人によりますが数日前まで自力で動けます。写真や文面から今は厳しい状況ではないかと思いますがどうか自分らしく生き抜いて欲しいです。

Published inエンタメ

Comments are closed.