Skip to content

去年くらいまで奨学金や自分の境遇について人前で話すこともなかった。

「飯を食っていくことを考えろ」 高校3年生のとき、進路相談をするために、親に自分の考えとか夢とかについて話したときに返ってきた言葉だ。今でも人生における重要な選択の度に、この言葉が頭に浮かぶ。 何度も何度も浮かんでくるので、「本当にそれでいいのか」と誰かに問い詰められているような気持ちになる。

国がかぁ。税金増やしても良いね。いつも思うんだけど結局、国などに頼って生活しているのだから文句ばかり言わず自分の義務も果たしてね。
おじさんには、甘えにしか聞こえないですけど。この手の部下が一番言い訳するものですから筑波大ってそんなに学費高いの?なんか金額がおかしくない?その一千万円は徹底的に取り立ててやりたいね。どうやったらそんな額になるの?
なんで学費の話から安保法につながるのか?なんでその抵抗手段がラップなのか?何かおかしい。
ちょっと意味が分からない。学部時代に1000万、つまり年250万円。筑波大は国立なので学費は60万円弱。ということは、残り200万円程度。月に15~16万円。つくばの住宅事情ではアパートは5~6万円なので、生活費に約10万円。おい、バイトはどうした。近い先輩として言わせてもらえば、月10万程度のバイト代は筑波大でつくばで暮らしていれば楽に稼げるはずだ。あと、本当に生活が困窮している家庭であれば、国立なんだから授業料減免制度があるはずだ。だとすれば月5万円浮くだろう。バイトしなくてもアパート代を抜いて15万円、余裕だろ。減免制度がないのであれば、そのくらいの世帯収入があったってことだ。であれば「お金がなければ夢も見れないのか」とかいうんじゃない。夢を見せてくれなかったのはあなたの親であり、社会ではない。そして、そんなに借りなければやっていけなかったはずがない。

Published in雑誌総合

Comments are closed.