Skip to content

3得点に絡むハイパフォーマンスで、文句なしのMOMだ。

[ワールドカップアジア最終予選7節]日本 4-0 タイ/3月28日/埼スタ【日本代表・総評】7 試合の入りは悪かったが、香川が最初のチャンスをモノにしてリードを奪うと、主導権を握る展開に。イージーなミスで何度か危ない場面を招いたのは反省材料だが、“勝って当然”という見方もできる試合で完封勝利は評価できる。

いったい何をみてたの?って感じの点が多い高徳が6.5で「ボールの流れを良くした。」とか森重が「質の高いフィード・・」とか採点してる人は大丈夫か?
試合出てないからなのか、感覚的なものが欠けてるのかなシュートにしてもパスにしてもなんていうのかな一人だけ練習してる感じ。試合には入ってるし味方の動きに合わせてパス出せるんだけど、淡々と練習してるような、本来の本田とは程遠い感じ試合勘って怖いと思った。久保様様!選手交代の意味分からん…まず、ボランチでしょ。本田と宇佐美?えぇ・・高徳が6.5とかありえない川島は8でもいい「香川、本田と息の合ったプレーを見せた本田」って、結局誰の事??
久保は最高のパフォーマンス。山口は本職であの内容じゃダメ。森重、質の高いフィードって正気ですか??本田を左サイドで投入した監督さんに6.5?そのあと右サイドに移動させるし、他に出すべき選手いたよね?
攻撃陣の評価はまあ妥当かと思うけど、後ろはもっと低くて良いだろ。いくら無失点とはいえ。前線は良い意味で固定されてきた感じ。今日のプレー見てもとりあえずは清武より香川だなとは思うんだけど、セットプレーのキッカーは確実に清武の方が良いんだよな。清武いないと蹴れる人いないし。、

Published in雑誌総合

Comments are closed.