Skip to content

 奨学金制度は大きく分けて2つある。

■大学の7割以上が学費の高い私立大学 大学進学にかかる経費は、学費の高騰もあって負担が増している。根本的な問題は大学教育の中心を担っているのが、国公立大より学費が高い私立大だということだ。大学と同じく義務教育ではない高校と比べるとよくわかる。

高卒でも、色々仕事があって、昇給もあった時代はよかったですね。いまは高卒では、なかなか仕事の選択肢は少ないし、将来結婚とか、難しくなりますね。勉強して、国立行けというご意見もありますが、いくら勉強しても、みんながみんな国立に行けるまで偏差値があがるわけじゃないですし。海外では、どのようになっているのでしょうか。猫も杓子も大学行くからこうなる。大学行くのは高校生の3割でいい。他は高卒で働け。米国の奨学金も恐ろしいものです…貸与奨学金の人は、絶対に返して下さい。借りたものは返す、これは当たり前のこと。
偏差値50って、そんなに難しいか?地方の国立大のレベルは昔よりかなり低くなってると思うよ。ちょっと頑張れば行けるレベル。それができないくらいなら、お金借りてまで大学に行かない方がいいんじゃないか?高卒で零細工場の事務とかやること考えたら、返済しても十分お釣りくるでしょ…何でもタダとかありえない。
奨学金を借りて進学しましたが別に後悔はしてないですねそれに、奨学金があるから仕事しなきゃって思うんでもし何もなかったら仕事嫌になった途端に辞めるかもって思います笑

Published in雑誌総合

Comments are closed.