Skip to content

それでもハリル監督は、ベンチに座る彼らであってもチームへの必要性を認めている。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の後半戦スタートとなる3月23日のUAE戦と28日のタイ戦に向けて、ACミランのFW本田圭佑とインテルのDF長友佑都を招集した。

練習するだけで違う?それならミランやインテルより強いセビージャから出場機会を優先した清武の決断を擁護していたのは何だったんだ?矛盾してないか
選ぶのは監督の権利だから仕方ない。にしても記者はもっと突っ込めよ。試合に出れない選手を使うよりも、試合に出てる選手を有効に使う戦術はないのか。先発させるのか、本田の役割はなんだとか、状態の良い選手を上手に使うのが監督の手腕なんじゃないかとか。若手に経験積ませる事はしないのかとか。経験とチームの格が違うのはわかった。では、試合に出てない宇佐美についてはどうなんだろう。別に代表でインパクト残したようなイメージもないんだが。気のせいだろうか。本田より宇佐美より清武
ミランもインテルも昔ほどではないけどドルトムントは格が違うからなそれでもミランとインテルの選手層はJリーグのクラブチームよりはあついだろうねもういいよ。前回のW杯で、「なんてアルジェリア代表はおもしろいサッカーをするのだろう!」と思い、監督就任に期待した自分が愚かだった。
ミランとインテルは、数年前ならビッグクラブと言えるけど、現状CLにも出れないチームの。ハリルは言ってる事ブレブレだ。

Published in雑誌総合

Comments are closed.