Skip to content

個人の自己破産申し立てが16年に増加に転じた一因とみられている。

 個人に無担保で資金を貸し付ける銀行のカードローン事業の拡大を受け、全国銀行協会は会員各行に融資の審査体制を強化するよう要請する。融資契約の際に利用者の年収、借入総額の確認を徹底することなどが柱で、返済能力を超えるような過剰な貸し付けを防ぐ。

学生支援機構の奨学金や日本政策金融公庫の教育ローンも、まじめに審査をした方がよい。一般には世帯収入が多い者の方が信用度が高いとされるが、これらは世帯収入が多いと貸さないそうだ。金貸し業者としては焦げ付きが最も困るのに、焦げ付く確率が高いほうに優先して貸している。マイナス金利の環境の下、少しでも稼ぎたいから、消費者ローンとか金利の高い商品に力を入れるのは当然でしょう。同時に銀行の貸し渋り、貸し剥がしのチェックも強化してくださいね。
自己破産に陥るまで借りる人もどうかとは思うけど。。安易にお金が借りられるようなコマーシャルとかは如何なものかと思う。迷惑メールが増えそうな気がする…。企業向け融資金利と個人向けの差が大きすぎる。個人破産が加速すれば景況感は悪化する
サラ金と銀行がグルなのも悪いと思うけど。銀行は対象外だから。サラ金とカードローンの明確な区別がつきますか?銀行じゃない所から借りる人が増えて悪循環かもな~。
これは御上に対してのパフォーマンスとしか思えない。昨今、過剰融資は今の銀行とは縁のない話だよ。今より厳しくなる方がよっぽど高金利業者を肥やすことになる。

Published in経済

Comments are closed.