Skip to content

2014年の問題発覚以降、男性医師らが遺族に説明するのは初めてとみられる。

 群馬大医学部附属病院(前橋市)の旧第2外科で同じ男性医師=退職、懲戒解雇相当=の手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、男性医師と当時の診療科長=諭旨解雇=は15日、手術の経緯などを遺族に直接説明する意向を、8遺族から委任を受けている被害対策弁護団に伝えた。

なんて言うんやろな執刀医、本当に顔出して。復帰してると思うと、本当に怖いわ。医師名が出ない内は誰も納得しないな謝ればいい話ではない。
今まで、自分は悪くないとか言ってた医者でしょ?遺族の気持ちを逆撫でするようなことを口走らないかかなり心配…間違ってもここの病院だけは入りたくないやめた医者がどこにいったのかが気になる、ほとぼりが冷めできてまた医学界に復帰すると思うと、ぞっとする
手術の技術が未熟であるが、医師はそれを認めないと思う。このような医師に手術をさせた群馬大学の責任が大きい。ご遺族としてはやっと一歩。でも、医者側にしても素直に話す事以外道は開けない。crazy doctor
執刀医には問題があっただろうし、かばう気もないけど、ここまでこじれたら例え正しい説明をしても信じてもらえないだろうね。説明してももう無駄。医療事故の難しいところは、医学的に正しいかどうかと、心情感情的に正しいことに差があって、この差は開いていく一方なこと。医者側はもっと自浄作用のあるシステムを作るべきだし、患者側はもっと現実を受け入れるべき。

Published in地域

Comments are closed.