Skip to content

 検察側は「常軌を逸した身勝手な犯行だ」として、被告に懲役17年を求刑した。

 東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた冨田真由さん(21)の首などをナイフで刺したとして、殺人未遂などの罪に問われた群馬県伊勢崎市の無職岩埼(いわざき)友宏被告(28)の裁判員裁判が23日、東京地裁立川支部であった。

裁判員になるのは嫌だが傍聴はしてみたい。人権派弁護士さんが活躍するんだろう、な。殺しちゃった方がいいと思いますもし、こいつが服役後に人を殺めたら今回の被告側ベンゴシも極刑でお願いします
そんな願いなら叶えてやってもいいほとんどの人が富田さんに同意だろうな。決して野放しにしてはいけない。こりゃあダメでしょう?これだけ思い込みが激しいなら出所後が怖いわー被害者に刑を決めさせてあげて欲しい。
こういうやつが、数年後に出所してくると思うと恐ろしい。17年じゃ足りないと感じた裁判官もいるでしょうね。 反省どころの話ではない。 逆ギレするくらい反省の色がないと言うことでしょう。本当に殺した方がいいと思う。出所後の冨田さんや他の方が心配
いくらついたてがあろうが、被害者である証人の苦痛と負担はあまりにも大きいと思う。法廷で話すのが原則ではあるが、刑事訴訟法を改正して、例外的にビデオ映像での出演とか、せめて別室からの中継とか出来ないものか。裁判を二次リンチにしてはいけない。このような場で、これくらいの事でキレる奴は出所後また何かを起こす確率は非常に高い。その矛先がもしかしたら自分かもしれない。被害者の女性の言うとおり、絶対出さないでほしい。

Published in国内

Comments are closed.