Skip to content

ありがとうSEALDs、さようならSEALDs。

 8月15日、集団的自衛権反対などを掲げた学生政治団体SEALDsが解散した。彼らは集団的自衛権反対デモを主催し、国会前での反対集会などを行ったが、その活動内容や方法などに対しては批判も多く、学生など多数の若年層の支持を得ることはなかった。

これと統一候補のおかげで投票に行く気になったもんだしね。あぶり出しとタレント殺しは非常に良かったね。なんだったんだ?
確かに、シールズが頑張れば頑張るほど、若者の票が与党に流れた!シールズって、年輩の人が見ても感じ悪かった!おかしいと感じたことがあったら、声を大にして叫びましょう。「SEALDs がおかしい」と。
確かに成果はあったと思う…志位るずって言う平和ボケした考えをしてる集団が日本に少なからず居ると認識する事が出来たからすごいイヤミだなぁ…SEALDSのもっと具体的な案でもあれば良いが…結局芯の部分が見えなかったよね。シールズは、考えが浅薄。SEALDsを客観的に評価した記事は初めて見た気がする。
結局、自画自賛の自己満足で終わったか…ホント気持ち悪!!!自分達では野党統一候補は自分たちの成果だと出張しているが専門家の意見は関係ないが共通の認識結局は何をしたいのか分からず共感も得ずに終わりました!
すげー嫌みな記事だが、騒いだ割には全く若年層がデモに参加が増えたように見えんし、新聞も、左が分かったわな

Published in経済

Comments are closed.