Skip to content

台北-石垣線は3月29日から開始する。

 日本航空(JAL/JL、9201)と台湾のチャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)は、2月21日から両社が運航する日台間を結ぶ全路線全便で、コードシェア(共同運航)を開始する。対象路線はこれまでの1路線から、計20路線に拡大する。

JAL便だと思って乗ったらチャイナエアー機って事有るってこと?台湾嫌いじゃないけど、飛行機はちょっと無理かも。。。。。。台湾ビン限定でスカイチームのマイレージでJAL乗れるのかな?
台湾の航空会社ならいいけど、これが中国や韓国の航空会社なら乗りたくない。これは朗報だ。もっとアライアンスを超えたコードシェア便を増やして欲しい
チャイナエアライン、安いんだが事故が有名だしよく遅れるんだよね。独裁時代に設立された元国営だからって、嫌う人も少なくないし。サービスならエバー航空のほうが上かも。アライアンス関係なしに何でもありなんだな。スカイチームを脱退して、JALと同じワンワールドに加盟して欲しい。一度は行きたい台湾一度も行きたく無い特亜でも仕事で行かされたんよねぇ
周囲で台湾へ行く旅行者がすごく増えている。富山きときと空港には、中国の航空会社2社も乗り入れているCI便名でもJLのマイルが貯まるのかな?
台湾の会社とはいえ、CIはどうしても過去の事故(離陸失敗、航行中空中分解墜落など)のイメージが忘れられない。BRなら良かったのにな。

Published in経済

Comments are closed.