Skip to content

 目標だった個人・団体でのメダル獲得を成し遂げた水谷は「必ず東京五輪につながると信じています」ときっぱり。

 ◇リオデジャネイロ五輪・卓球男子団体決勝   日本1―3中国(2016年8月17日) 悲願の金メダルには届かず、悔しさもにじませた日本の3選手。銀メダルを首にかけ、その重さをかみしめると、気持ちを早くも4年後に切り替えた。

銀メダル、おめでとう!今まで女子ばかりで辛かったけど、結果で証明しましたね!!東京五輪では是非金メダルを!!正直、水谷にとっては団体より個人の方が金に近いかもね。四年後に期待東京は期待しています
中国はやはり強いね・・・でも一歩近づいた感じだった。張本の言葉には気分が悪かったが、おめでとう銀メダル!あまりにも高い中国の壁だが、今回一勝したのは大きい。かならず金を!とは流石に言えないが東京五輪に期待します。
おめでとうございます!東京オリンピックに向けて水谷選手は更なる飛躍を、他のお二人も更なる研鑽を期待しています!銀メダルおめでとうございます!4年後の東京オリンピックが楽しみです。凄く白熱した良い試合だった、銀メダル本当におめでとう!
銀メダルおめでとうございます!中国も勝てない相手ではない事を実証してくれましたね!4年後は期待できそうですね!!卓球って地味なイメージがあったけどこの人の試合を見ていると、目が離せなくなってしまった。「最強の中国」から水谷選手が一勝をもぎ取ったのはとても大きい意味があると思います。

Published inスポーツ

Comments are closed.